冷え症に効果のある高麗人参

暑い季節なのに、手足が冷える――。冷え性は特に女性に多い症状で、季節に関係なく起こり、多くの女性の悩みの種となっています。
冷え性対策の方法は、調べればいくらでも出てくると思います。しかし、靴下の重ね履き、マッサージなどの色々な方法を試しても、あまり効果が出なかったという方も多いのではないでしょうか。中には効果のある方法もあるかもしれませんが、一時しのぎにしかならない方法も数多くあると思います。
あまり知られていませんが、実は高麗人参には、冷え性を改善する効果があります。高麗人参だけに含まれる成分が、あなたの長年の悩みを解決してくれるかもしれません。
高麗人参の冷え性改善効果について、詳しく解説します。

冷え性の原因

手足が冷たくなる冷え性は、女性の半数以上が悩まされていると言われています。男性にも冷え性の人はいますが、圧倒的に女性に多い症状です。
冷え性の原因のひとつに、血流の悪さが挙げられます。女性は月経があるため、その周期に合わせてホルモンバランスが常に変化しています。ホルモンバランスが崩れると、自律神経のバランスも崩れやすくなります。
自律神経は、胃腸や肺、心臓などの体中の臓器の動きをコントロールしています。自分で意識しなくてもこれらの臓器が動くのは、自律神経の働きのお陰です。逆に言えば、自律神経がうまく働かなくなると、これらの臓器の働きも悪くなってしまうということです。
そのため、自律神経がおかしくなると、様々な臓器に不調が出ると同時に、血流にも悪影響が出やすくなってしまいます。手足の末端にある毛細血管に、血液が循環しにくくなるので、手足が冷えやすくなるのです。
また、気温の変化によって、毛細血管が縮むことがあります。血管が縮んだままの状態が続くと、血行不良となり、手足が冷える原因になります。

高麗人参に含まれる冷え性に効果的な成分

高麗人参は、美容に効果があるイメージをもつ方が多いと思いますが、血行促進にも高い効果があります。
高麗人参には、サポニンという成分が含まれています。サポニン自体はさほど珍しくなく、大豆などにも含まれる成分ですが、サポニンの一種であるジンセノサイドは高麗人参にしか含まれていない成分です。
ジンセノサイドには、血管を拡張し、血のめぐりを良くしてくれる効果があります。指先の血行が促進されるので、冷え性が改善されるのです。

まとめ

女性はホルモンバランスが崩れやすいため、血流が悪くなり、手足が冷えがちになります。それに加えて毛細血管が縮んだ状態になると、余計に血のめぐりが悪くなり、冷え性が悪化してしまいます。
高麗人参特有の成分であるジンセノサイドは、血管を広げて血行を促進するので、手足の冷えを改善してくれるのです。
高麗人参のパワーで、毎日を健康に過ごしましょう。