高麗人参は育毛にも効果あり

抜け毛や薄毛は、かつては男性特有の悩みのように扱われていました。ところが現在は、薄毛に悩む女性も増えてきており、女性向けの育毛サロンや増毛サロンがあるほどです。薄毛を隠すためのカツラも、男性用の高品質なものは昔からありましたが、最近は女性用のカツラもCM等でよく目にするようになりました。
40歳を過ぎれば、誰もが育毛について考え始めます。「まずは育毛剤を使ってみよう」と思う方が大半だと思いますが、そもそも、何故髪の毛が薄くなったり、毛が抜けたりするのかを考えたことはありますか?
薄毛や抜け毛には、頭皮のターンオーバーが大きく関係しています。
そして、ターンオーバーを改善する成分が、「高麗人参」に豊富に含まれているのです。
高麗人参の育毛効果について、詳しく解説します。

育毛のカギとなる「頭皮のターンオーバー」

頭皮のターンオーバーと薄毛の関係

「肌のターンオーバー」という言葉を聞いたことはありませんか? 肌表面の古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚ができるというサイクルのことをそう呼んでいます。これは顔の皮膚だけでなく、頭皮でも起こっています。
頭皮のターンオーバーの周期は、約28日間が正常だと言われています。この周期が乱れると、古い角質や皮脂が頭皮に溜まりやすくなります。それをそのまま放置しておくと、角質や皮脂が「角栓」となって毛穴に詰まりやすくなり、育毛にも影響を及ぼします。
髪の毛は、定期的に抜け落ち、再び発毛するまで3~4か月かかります。しかし、脱毛後の毛穴に角栓が詰まったままだと、脱毛したまま毛が生えてこなくなります。それが頭皮全体で起こると、いわゆる薄毛の症状になってしまうのです。

血行不良が薄毛を悪化させる

皮膚のターンオーバーが乱れる原因はいくつかありますが、その内のひとつが「血行不良」です。
新しい皮膚が作られるためには、肌細胞にも栄養が十分に行き届かなければなりません。栄養は血液によって運ばれてきますが、血行が悪くなると、皮膚に栄養が届きにくくなります。そのため、新しい皮膚を作り出すことができず、ターンオーバーが乱れてしまいます。
また、血行不良は、すでに生えている毛にも影響を与えます。皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層に分かれています。皮下組織の毛細血管のすぐ近くに毛根があり、血液から運ばれてきた栄養を摂り入れています。栄養が十分に運ばれてくれば、丈夫な太い毛が生えてきます。ところが血液から送られてくる栄養が十分に摂れなくなると、毛がしっかりと育たなくなります。その結果、弱々しい毛になり、薄毛や抜け毛の原因になるのです。

高麗人参の育毛効果

高麗人参には、ジンセノサイドという成分が含まれています。ジンセノサイドは、高麗人参だけに含まれる成分です。
ジンセノサイドには血流を整える効果があり、血管を拡張することで血行を促進します。
そのため、頭皮のターンオーバーの正常化や、毛細血管の血流促進に効果が期待できます。

まとめ

丈夫でしっかりとした毛のためには、血行を促進し、育毛に適した頭皮の環境を作り出すことが大切です。
高麗人参に含まれるジンセノサイドは、血流を整える作用があるため、育毛したい方にぴったりです。高麗人参そのものは中々手に入りませんが、サプリメントなら簡単に摂取できます。
育毛剤に頼る前に、まずは高麗人参から試してみませんか?